2人目の子供を出産して、家計はギリギリ!主婦でも即日キャッシングできる3社とは?

子供が生まれるとお金がかかります。教育費ももちろんですが、日々の食費や光熱費も跳ね上がります。1人目の子供を出産した時には節約しなくても大丈夫だったのに、2人目の子供を出産した途端家計がギリギリになってしまった…なんていうご家庭も多くあります。どうしても家計が厳しい時には、キャッシングを利用するのをオススメします。でも、主婦の人はキャッシングの審査に通らないと思っていませんか?実は、主婦でもその日のうちにお金を貸してくれる会社があるんです。ここでは、主婦でも即日キャッシングできる3についてお話しします。

 

まず1社目は、レイクです。レイクのCMはよくテレビで流れていますよね。今は菜々緒さんが出ていて、とてもかわいらしいCMになっています。このレイクですが、専業主婦の人でも申し込むことができます。レイクは新生銀行のカードローンで総量規制の対象外となっているので、旦那さんの同意書などがなくても審査を受けて借りることができます。また、レイクには女性専用のレディースレイクというのが用意されていて、対応するスタッフがすべて女性なので安心です。

 

2社目は、アコムです。初めてのアコム♪というCMでおなじみですね。アコムは主婦の人でもパートアルバイトなどで毎月一定の収入があれば借りることができます。しかも、審査にかかる時間も30分と短いので、申し込んだその日のうちに借りることができます。また、今は主婦の人に嬉しいお友達キャンペーンをやっていて、お友達を紹介すると最高で10000円のクオカードがもらえます。

 

最後の3社目は、プロミスです。プロミスにはレディースキャッシングという女性専用のキャッシングがあります。しかも、これはWEBで申し込むことができるんです。このWEB申し込みは平日の14時までに契約完了できれば即日借り入れできるのが嬉しいポイントです。しかも、確認の電話も日中に個人名でかかってくるので、旦那さんにバレることなく内緒で借りられます。

 

ここでは、主婦でも即日キャッシングできる3社についてお話ししました。主婦の人でキャッシングを利用したい場合は、ここで挙げた3社のうちのどれかで借り入れるのをオススメします。どこも旦那さんにバレることがなく、その日のうちに借りられるところが嬉しいですね。

ママ友とのおつきあいで使いすぎちゃって…夫に知られず借入するための3つの技

お子さんが生まれると、ママ友づきあいというのが始まります。特に幼稚園時代はママ友づきあいも濃くて大変です。ママ友づきあいには、とにかくお金がかかります。特にセレブなママが中心となっているグループに入ってしまった時には、大変です。でも、お金がないのを理由にお付き合いを断ることもできませんよね。そんなママ友とのおつきあいで使いすぎちゃって大変な時にはキャッシングをしてお金を借り入れることをオススメします。でも、これ旦那さんにはバレたくないですよね。ここでは、夫に知られずに借入するための3つの技をご紹介します。

 

まず1つ目は総量規制です。この総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を借り入れることができないというものです。これは法律で決められているので、絶対です。ですから、キャッシングで借りることができるのは、年収の3分の1までなのです。主婦の場合は旦那さんの年収で計算して、合計で3分の1までの金額ならお金を借りることができます。

 

2つ目は、銀行系キャッシングなら総量規制外ということです。キャッシング会社には銀行系・信販系・消費者金融と色々なタイプの会社があります。この中でも銀行系のキャッシング会社なら、1つ目でお話しした総量規制の対象外なんです。ですから、銀行系のキャッシング会社からは、年収の3分の1以上の金額でも借りることができます。ただし、あまりにも借り入れる金額が大きい時には、収入を証明する書類が必要になってくるので気を付けてくださいね。

 

最後の3つ目は、自分の身分証明書があれば大丈夫ということです。実は、旦那さんの身分証明書がなくても、お金を借りることができるんです。少額のお金であれば、自分の身分証明書さえあれば審査に通ります。あまりにも旦那さんの収入が低すぎたり、色々な会社から借り入れをしていなければキャッシングの審査には通りますよ。

 

ここでは、夫に知られずに借入するための3つの技をご紹介しました。もし、旦那さんに知られずにキャッシングを利用したい場合は、ここで挙げたポイントを頭に入れて利用するようにしてくださいね。

口座がなくても大丈夫!女性キャッシングなら、信頼の銀行系がいい3つのワケ

お金がない時に便利なのがキャッシングです。このキャッシングを利用すれば、とりあえず必要なお金は手に入ります。キャッシングは、銀行系や信販系、消費者金融など色々な会社があります。この中でも、女性に特化した女性キャッシングなら、断然銀行系の会社がオススメです。ここでは、女性キャッシングなら信頼の銀行系がいい3つのワケをお話しします。

 

まず1つ目は、銀行の安心感です。銀行系というのは、銀行が出資している消費者金融が行っているキャッシングのことをいいます。ですから、「銀行系」と言っても実際にお金を貸してくれるのは銀行ではなくて消費者金融になります。色々な消費者金融会社がありますが、よく知らない会社に行くよりも、大手メガバンクが出資している消費者金融からお金を借りたほうが安心ですよね。銀行の名前を名乗っているため、会社としても余計なことはできません。この銀行の安心感があるというのが、銀行系がいい理由の1つです。

 

2つ目は、低金利だということです。銀行系のキャッシング会社は低金利で、金利は3.5%~15%程度になっています。他の信販系や消費者金融だと、金利はもっと高いです。ただし、その分銀行系のキャッシング会社は審査が厳しくなっています。他の会社よりも審査にかかる時間も長いため、少し余裕をもって利用するようにすると安心です。

 

最後の3つ目は、夫の収入証明があれば大丈夫ということです。女性キャッシングは主婦の人やパートの人でも借りられるところがほとんどです。しかし、専業主婦の人なんかだと自分の収入を証明できるものはありませんよね。そんな人は夫の収入証明ができれば借りることができます。専業主婦の人でも安心して借りることができるのが嬉しいですよね。

 

ここでは、女性キャッシングなら信頼の銀行系がいい3つのワケをお話ししました。女性が借りるなら女性キャッシングが断然お勧めです。女性スタッフが対応してくれるので、安心して利用することができます。

 

貯金しなきゃと思うけれど…なかなか貯まらなくて将来不安という奥様のための3つの指南

家計を握っているのは奥様だというご家庭は多いのではないでしょうか。日々の生活費のやりくりって本当に大変ですよね。生活費のやりくりだけで大変なのに、将来のために貯金もしなければなりません。なかなか貯まらなくてため息ばかりついている奥様も多いのではないでしょうか。ここでは、貯金がなかなか貯まらなくて将来不安という奥様のための3つの指南をお話しします。

 

まず1つ目は、収入を増やす努力をするということです。いくら切り詰めていても限界があります。やはり手っ取り早く貯金を殖やす方法は、収入を増やすということです。例えばお子さんが学校に行っている間だけパートに出るとか、在宅ワークも最近人気があります。少しでも収入を増やし、奥様が稼いだ分はすべて貯金に回すようにすると良いですよ。

 

2つ目は、支出を減らすということです。これも当たり前ですね。支出を減らせば、自然とお金は貯まります。これは、まず収入内の中で収まる予算を立てることが大切です。例えば、月々食費はいくらとか、保険はいくらなど、予算を立ててしまいます。そして、この予算内で生活するようにするのです。この予算を立てたときに、まずは貯金の分を引いて、その残りを分けて予算を組んでいくと良いですよ。そうすれば、必ずお金は貯まります。

 

最後の3つ目は、積立貯金をするということです。一番のオススメは銀行がやっている自動積立を利用するということです。これは毎月決まった日に決まった額を自動で積み立ててくれるので、知らない間にお金が貯まっているのでオススメです。また、車検や固定資産税などの目的ごとに通帳を分けて積立貯金をするのも良いです。この積立貯金をすれば、貯金体質の家計ができあがります。

 

ここでは、貯金がなかなか貯まらなくて将来不安という奥様のための3つの指南をお話ししました。ここで挙げた3つのポイントに気を付けて、お金を貯めていってくださいね。

3人目が欲しいけど、教育費が今から心配なあなたのために、知っておきたい3つの現実

家庭を持って、今お子さんがいる人も多くいるかと思います。この子供には、本当にお金がかかりますよね。私の周りでは、「子供が3人欲しいけど、3人目を生むのは経済的に心配」という話をよく聞きます。私の周りだけでなく、今2人目がいて3人目がほしいと思っている人は多くいるのではないでしょうか。ここでは、3人目がほしいけど、教育費が今から心配なあなたのために、知っておきたい3つの現実をお話しします。

 

まず1つ目は、1人最低1000万円はかかるという子供の学費についてです。子供の学費は、幼稚園から大学まで全て国公立の学校に通ったとしても1000万円かかります。これは、最低1000万円ということなので、私立の学校に通ったり自宅外に下宿して大学に通ったりすると1500万円以上かかることもあります。また、大学で医学部に行こうと思うと全部で2000万円以上は必要になってきます。

 

2つ目は、一般的な教育ローンとはどのようなものかについてお話しします。教育ローンとは、銀行などの金融機関が個人を対象に行う、使い道を教育費に限定したローンのことです。大学に通わせるお金がなかったりするときに、この教育ローンを使います。これは通常のローンより使い道が決められている分金利が少し低くなっています。

 

最後の3つ目は、国の教育ローンの審査基準についてお話しします。教育ローンは銀行だけでなく国が行っているものもあります。国が行っているということで、他の銀行の教育ローンより金利が低くなっています。この審査基準ですが、まずは子供が国民生活金融公庫の対象となる学校に在学していることが条件になります。また、融資を受ける家庭の世帯収入が年間990万円以下であることも条件です。財政的に苦しい家庭のための教育ローンなので、高所得者の人は借りることができません。

 

ここでは、3人目がほしいけど、教育費が今から心配なあなたのために、知っておきたい3つの現実をお話ししました。子供にはお金がかかりますが、それ以上に喜びも大きいものです。学費は教育ローンなどを使って、日々の生活費に問題がないのであれば思い切って3人目を生むことをオススメします。